トップ  > NEWS  > 【ライブレポート】『やっぱりやっときたい9周年LIVEinZeppFukuoka』

 

【ライブレポート】『やっぱりやっときたい9周年LIVEinZeppFukuoka』

LinQ 6人の執念が結実した感謝の9周年ライブ開催

LinQが27日、福岡のZepp Fukuokaにて結成9周年記念ライブ「やっぱりやっときたい9周年LIVE in Zepp Fukuoka」を開催。いったん中止になっていた、結成当時から続く周年ライブを年内に無事終えた。

当初は5月に「LinQ 9th anniversary SATSUKI RevoLinQ 『Change the Future』」として予定されていた同ライブ。新型コロナウイルス拡大による緊急事態宣言により、無念の開催中止に追い込まれていたが、今年に周年ライブをどうしてもやっておきたい、というメンバーの強い意向にスタッフも応え、同じZepp Fukuokaでの開催にこぎ着けた。ソーシャルディスタンスを維持するために一席ごとに空けられた席やイベント中の換気、各席への個別の消毒液の配布など、至るところに感染対策が施され、万全の体制で行われた。

6人体制最初の楽曲「anytime」で幕を開けたライブ。冒頭は6作連続リリースの第一弾として9月にリリースされた、涼本理央那の初のセンター曲「Q&A」、12月にリリースした髙木悠未と金子みゆのWセンター楽曲「情熱☆サラマンダー」と、今年配信リリースした楽曲を立て続けに披露。ファンはメンバー発案によって会場に配られたスティックバルーンを使って、声の代わりに音を出して盛り上げた。

MCに続いてはユニットパートに。吉川千愛、新木さくら、海月らな、金子みゆによる「なう。」、吉川千愛、新木さくらによる「あの街の空」に続いて、髙木悠未と涼本理央那が登場。1月15日に配信リリースされる「あいあい愛しとーと♡ゆうみちゃんとりおなちゃん from LinQ」を初披露した。歌詞に能古島、志賀島といった観光スポットが登場したり、明太子、あまおうがあしらわれた衣装、もつ鍋を模した帽子など、福岡愛あふれる曲の世界を二人のダンスと共に表現、ファンを楽しませた。

海月らな、金子みゆによる「ゴーイング マイ ウェイ!」でユニットパートは終了。換気タイムを兼ねたMCで、6人が今年、9周年ができなかった代わりに行った配信でのライブやイベントの思い出を語った後、「今日これをやらないわけにはいかないじゃないですか!」という海月らなの振りから、5月のライブで予定していた、ファンからの楽曲リクエストのトップ5を5位から順に披露した。

「LOVEBOMB」「for you」「絶対Alright!」「V to ROAD」と続いて最後、「ファンの皆さんへ9年間の出会いと愛、感謝を込めて」と海月らなによる曲紹介で会場に流れたのは「I am...」。事前にツイッターで募集していた、ファンからの手書きの応援メッセージ画像が後ろに流れる中、6人は今年一年に起きたこと、そして9周年を当初の予定通りZepp Fukuokaで無事開催できたことをかみしめるように、涙ぐむメンバーもいる中、熱唱した。

新木さくらは「2020年、こうして乗り越えられたのは来てくれた皆さんや配信で見てくれた皆さん、遠くから応援してくださるファンの皆さんのおかげだと思います。私たちは今こうして9周年を迎えることができました。どんな形になっても、どんなことになっても、LinQはずっと、ずっと続いていきます。これからもファンの皆さんには一緒にいろんな思い出を作っていきたいと思いますので、10年目のLinQも宜しくお願いします」と、6人を代表して今年一年の感謝と来年の挨拶を述べ、ライブはいったん終了した。

その後、スクリーンには今後のLinQのスケジュールが映し出され、10周年ライブを4月18日(日)に福岡国際展示場で行うことが発表されたほか、先日卒業を発表したリーダー・吉川千愛の卒業公演が4月24日(土)に福岡で行うことが発表された。また、先日LinQ加入が発表された大空莉子、黒田れい、有村南海(みなみ)の新メンバー3人がステージに登場、ファンへの挨拶を行った。

続いて、普段の替え玉コールができない代わりに、とメンバーたちによるスティックバルーンを叩くタイミングを示した映像が流れ、ファンがそれに応える形でバルーンを叩いてのボルテージを上げると、6人が新しい衣装で登場し、年明け1月1日に配信リリースされる「祭高音頭」(さいこうおんど)を初披露。メンバーそれぞれのLinQの祭り曲のリクエストをベースに作ったという同曲は、涼本理央那のこぶしから始まる、祭りの街・福岡にふさわしい勇壮な曲。アンコール一曲目から会場を盛り上げた後は、その熱気のまま「ハレハレ☆パレード」「Shining star」と続け、9周年ライブを締めくくった。

メンバーたちの執念で開催された9周年ライブ。LinQは一つの区切りを年内につけた形で、4月に10周年を迎える2021年に向かって突き進む。

■終演後に聞いたメンバーQ&A

金子みゆ

Q.2020年はどんな一年でしたか?

A.ファンの方と実際に会う場面が少なかったので、画面越しに楽しさを伝えたり、SNSで新しいファンを増やすことのを頑張った一年でした。

TikTokなどたくさんの方に見てもらって、インスタのフォロワーも自粛期間中に一万人超えたんですよね。今はありがたいことに2.5万人近くいるのですが、ある意味、この自粛期間を有効活用して、新しくファンを増やすということに集中した一年だったと思います。

Q.2021年はどんな一年にしたいですか?

A.新メンバーも入ってくるので、一番年下で新人だった私にとっては後輩ができるという新しい環境になります。役に立ち、お手本になるような先輩になりたいですし、自分にも喝を入れて、自分に厳しくする年にしたいです。




涼本理央那

Q.2020年はどんな一年でしたか?

A.皆さんに会える機会は減ったのですが、そんな中でも配信などを通じて好きになってくれたファンの方とかもたくさんいらしたので、新しく好きになってくれた方たち、に出会えたことはとてもよかったです。

Q.2021年はどんな一年にしたいですか?

A.新メンバーも入ってくるので私もしっかり先輩として、そして10代ラストなので、大人に一歩近づく、背伸びした私を見ていただけたらと思います。




海月らな

Q.2020年はどんな一年でしたか?

A.悔しいことが多かったですね。生誕祭とかも有観客でできなかったですし、ツアーもできなかった。その分、今にしかできないこととして行ったネットサイン会や配信ライブを通して知ってくれた方もいますので、今まで広がらなかった層にLinQの輪が広がったんじゃないかなって思います。その輪をまた拡大しながら10年目も走り続けたいと思います。

Q.2021年はどんな一年にしたいですか?

A.6人の残りの時間を大事にしながら、8人体制になっていくLinQを引っ張っていきたいと思います。皆さんの期待に応えられるような一年に。そして今年できなかったことをできるように、最善を尽くして頑張っていきます。




新木さくら

Q.2020年はどんな一年でしたか?

A.できないことが多かったり、考えさせられることもたくさんあったんですけれど、その中でも出会えた人がめちゃめちゃ多くて。そう考えると、うーん…、思っちゃいけないかもしれませんが、こういう時期もあってよかった…ではないですが、いつかそういう思い出にはなるなって。一つのLinQ人生の中でも一つの思い出になるのではと思います。

Q.2021年はどんな一年にしたいですか?

A.新メンバー3人は新しい風を吹かせてくれると思いますので、また違った層からファンを獲得して増やしていきたいと思いますし、(吉川千愛が卒業すると)私は最年長になるので(苦笑)。引っ張っていきつつ、自分にできること、持っているものを3人に教えていきたいなと。




髙木悠未

Q.2020年はどんな一年でしたか?

A.この一年は…。でも、プラスに考えると、こういう状況だったから出会えた、って方もたくさんいたんですよね。配信とかSNSとか番組を通じて知ってくれた人たちとか。「今日デジ」というZoomでの通話の特典会では、普段のサイン会は恥ずかしくて行けないという方とも一対一でゆっくり話せて。その点では貴重な一年でした。で、いろいろやりたかったことを来年に詰め込みたいな…と。

Q.2021年はどんな一年にしたいですか?

A.LinQ的には大きな変化の一年ではあるのですが、体制も変わるので「いいLinQ」が更新できるように。そして個人的には幅を広げたいということを事務所の方にも言ったので、ソロのお仕事も増やして違う層のファンの方を増やして、LinQに貢献できる活動をしたいと思っています。



吉川千愛

Q.2020年はどんな一年でしたか?

A.元々は、10周年って求められるハードルが上がると思うから、盛大に10周年を迎えるためにたくさん準備しなければいけない年だ、と思っていたんですよ。今がLinQ史上で一番メンバーの変動がない期間ですし、6人で10周年に向けての基盤を作る一年だなというのもあったし、私自身も10周年をめどに考えていたこともあったので、本当に想定外だらけでした。

でもLinQとかアイドルということを考えて卒業を決めていたので、コロナ禍に負けて妥協する形にはしたくないと思っていた部分もあって。皆さんに会えなくなったのは残念でしたが、乗り越えて明るい10周年を作りたいと思っていた一年でした。

Q.2021年はどんな一年にしたいですか?

A.4月いっぱいでLinQを卒業するのであと4カ月ほどにはなるのですが、LinQが好きという気持ちは何も変わらないし、自分の中で「アイドルをやり切った」という気持ち、かつ、次の新メンバーにバトンを渡すという気持ちで卒業を決断したので、4月までにはなるのですが、これからもLinQは続いていくし、私も陰ながらサポートする存在で2021年は過ごしていきたいと思っています。




■セットリスト
1.anytime
2. Q&A
3. 情熱☆サラマンダー
<MC>
4. なう。
5. あの街の空
6. あいあい愛しとーと♡ゆうみちゃんとりおなちゃん from LinQ(2021年1月15日配信リリース)
7. ゴーイング マイ ウェイ! 
<MC>
8. LOVEBOMB
9. for you
10. 絶対Alright!
11. V to ROAD
12. I am...
<替え玉>
13. 祭高音頭(2021年1月1日配信リリース)
14. ハレハレ☆パレード
15. Shining star


 

最新情報はこちらをチェック✔

 

 

2020年ライブ公演&イベントスケジュール

LinQのライブ、イベント情報が全部わかる♪
 

LinQ公式LINE

メンバーからの生配信やオフショットも配信中♡
 

LinQ公式YouTube

MVやライブ映像、更に企画コーナーも配信中
チャンネル登録お願いします!
 

IQプロジェクトファンクラブ

☆新規会員様募集中☆

入会すると、FC先行チケットや、FC限定のイベントにもご参加できます!

お申込みはこちら

 

LinQ運営事務局