トップ  > NEWS  > LinQ8th Anniversary「SATSUKI EvoLinQ~Continuation is power~」のライブレポートが届きました!

LinQ8th Anniversary「SATSUKI EvoLinQ~Continuation is power~」のライブレポートが届きました!

LinQ8th Anniversary「SATSUKI EvoLinQ~Continuation is power~」
ライブレポート:有本 和貴 (Arimoto Kazuki)

LinQ 8周年ライブで誓った継続と前進

アイドルグループ・LinQが4日、福岡のZepp Fukuokaにて結成8周年記念ライブ「SATSUKI EvoLinQ~Continuation is power~」を開催した。


福岡を代表するライブハウスであるZepp Fukuokaは、LinQにとってこれまで4回の周年記念公演で使われてきたゆかりのある会場。昨年11月に新装オープンした同会場に3年ぶりに帰ってきたLinQの8周年を祝福しようと、全国各地から詰めかけたファンで開演前から会場は博多どんたくにも負けない熱気にあふれていた。

タイトルに「継続」「歩み続けていく」という思いが込められた今回の公演。LinQの後輩であるIQプロジェクト研究生がオープニングアクトとして登場した後、LinQの8年の歩みが簡単にVTRで紹介される中、メンバー9人がステージに登場。「ゴーイングマイウェイ」が場内に流れる中、新木さくらの「Zepp Fukuoka行くよー」の第一声から始まったライブは、冒頭から金色のテープが飛び出す展開に。続いて「for you」「HANABI!!」とまるでライブ終盤のようなセットリストで会場は一気にヒートアップした。


続くメンバーの高木悠未が出演する地元テレビ局の「羽鳥×宮本 福岡好いとぉ」に使われている「フクオカ好いとぉ」では、小学生ユニットLinQ KIDSも登場。1月に発売した新曲「絶対Alright!」の後、会場が暗転するとステージにはかつての一期生で、現在もアーティスト活動を続けている深瀬智聖と天野なつが登場。メンバーと共に「進め!少年少女」を披露するなどLinQを牽引したメンバーや、LinQにあこがれてIQプロジェクトの門をくぐった後輩が8周年に花を添えた。

ダンスミックスにアレンジされた「ウェッサイ!!ガッサイ!!」「Wake up」「Bye-bye telephone baby love」に続いて流れたのは、高木悠未と新木さくらが地元の福岡ソフトバンクホークス・松田選手と共演しているCMでもおなじみの、地元のピザチェーン「ピザクック」とのコラボ曲「ハピデリ」。ミラーボールが照らす中でのダンスナンバーとあって、会場がダンスフロアと化した。

「スキヤーキが好きすぎる」「CHOKI CHOKI」「No Lady,No Life」の後は、ユニット構成で「マケナイガールズ」「さくら果実」「Sakura物語」「キミがいたから」「CHIKU-TAKU」と、LinQの新旧のナンバーをメドレー形式で披露。1月に3枚のベストアルバムを出したLinQならではの多彩な楽曲の数々で、観客を魅了した。




LinQは3月に坂井朝香、小日向舞菜、安藤千紗の3名の卒業を発表。安藤はこの日が最後のライブで、9人のLinQのライブは今日が最後。見送るメンバーの思いを代弁するかのように、画面に映し出された映像でリーダーの吉川千愛が「LinQが8年やってまた中で、9人でどうしてもやりたい曲があります」と言った後に流れ始めたのは「虹」。8年前のLinQ結成オーディションのイメージビデオとして使われ、いわばLinQの原点ともいえる大切な曲を最初で最後となる9人で披露。いわば卒業メンバーの花道を作る演出になった。

終盤戦に突入したライブは、前日3日に発売されたばかりの新曲「LOVEBOMB」に続き「冒険」「もっともっといつかきっと」の盛り上げ曲で観客を一体化させると会場は再び暗転。ステージに登場したのは、8年もの間LinQに多くの楽曲を提供している、福岡を代表する作曲家・SHiNTA。設置されたピアノを奏でる中、メンバーが4年前の同会場での4周年ライブで初披露された「BATON」を熱唱。8年間に至るバトンの継承が今のLinQを築いてことを改めて示す形となった。

本編のラストで、ファンが安藤千紗のカラーのサイリウムで会場を真っ白に染める中、流れてきたのは3周年ライブでマリンメッセ福岡公演をファンと約束した際に披露された「未来日記」。自身の希望で卒業公演を行わない安藤千紗にとってはラストの公演となり、彼女が涙にくれる中、メンバーはいったんステージを後に。

だが観客からLinQのアンコールの定番・替え玉コールが沸き起こるとメンバーが再び登場し「ONE FOR ALL FOR ONE」「Supreme」を披露し会場を再び盛り上げた。メンバー直筆のメッセージが書かれたたくさんハート型の白い紙が会場を舞う中「I am...」でアンコールは終了したものの、会場から再び替え玉コールが。最後はLinQを代表するお祭り曲「ハレハレ☆パレード」で3時間に渡るライブは終了した。


本編最後のMCで、今日が最後のライブとなった安藤千紗は「私は自分のためにアイドルを始めましたが、続けていくうちにファンの方やメンバーのためにと思えるになったのは出会えた皆さんのおかげです」と涙ながらに挨拶。副リーダーの新木さくらは「人数が減っていくと“解散しちゃうのかな”とかマイナスなことばかり思われるのですが、ここではっきり言えるのはLinQは明日も明後日も来年も再来年もずっと続いていきます。これだけは私が言います」と力強く宣言した。

「まさにインスタ映え」と新木さくらが言ったように、メンバーカラーの衣装を身にまとったファンによる色とりどりの光景が広がる中、最後に挨拶した一期生でリーダーの吉川千愛は「今日のタイトルの継続は力なりという言葉ですが、ただ続けるだけじゃダメだということもわかってますし、LinQとして大きなことを成し遂げているとは思っていません。まだまだ継続していって力に変えていってもっともっと前に進まなければと思います。これからも皆さんと一緒に走っていきたいです」と、9年目に突入したLinQの新しい未来に向けて決意を語った。




なお終演後のLiveを終え、控え室に戻ったメンバーがステージスクリーンに投影。今日会場にきたファンに向け御礼のメッセージするとその横に立っていたのはLinQの現プロデューサーであるマスクドリンクが登場。
マスクドリンクは夏のシングル、秋のミニアルバム発売すると発表した。
最後はいつものライブと同様、高木悠未による「継続はマリンメッセなり!」の掛け声で締めくくった。



坂井朝香・小日向舞菜の卒業ツアー詳細

【タイトル】 「LinQ ASAKA & MAINA Graduation tour 東京公演」東京公演
【開催日】2019年5月17日(金)
【開催時間】開場19:00 / 開演19:30
【会場】新宿MARZ(シンジュクマーズ)
【住所】〒160-0021 新宿区歌舞伎町2-45-1第1トキワビルB1F

【タイトル】 「LinQ ASAKA & MAINA Graduation tour 大阪公演」
【開催日】2019年5月25日(土)
【開催時間】<1部>開場12:30 / 開演13:00
<2部>開場16:00 / 開演16:30
【会場】FANJ twice
【住所】〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目18ー10


【タイトル】 「LinQ ASAKA & MAINA Graduation tour 福岡公演」
【開催日】2019年6月2日(日)
【開催時間】ロビー開放12:30 / 開場13:00 / 開演14:00
【会場】天神ベスト電器福岡本店11階 天神ベストホール
【住所】〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目9-1


LinQオフィシャルサイト
https://www.loveinq.com/


■MCメンバーコメント

金子みゆ
Zepp Fukuokaはとても有名な場所で、こんなに広くて大きなところでライブをできることがうれしいし、私のコールとか青いペンライトをふってくださってとてもうれしかったのですが、もっともっと大きなステージに立ちたいと思うので、もっともっと頑張っていきたいと思います。


涼本理央那
去年の周年ライブは研究生として出演させていただいたのですが、今年はこうしてLinQとしてZepp Fukuokaでライブができてうれしく思います。今日のために遠いところから時間とお金をかけて来て下さった皆さんありがとうございます。私ももっとLinQで一番輝ける存在になってもっと前進していけるように頑張ります。


海月らな
今日のライブの余韻で白ご飯15杯食べられそうです!ありがとうございました。(小日向舞菜「15杯しか食べられんと?」と言われ)じゃあ9人×2で18杯!


小日向舞菜
4周年公演でサプライズで加入が発表された時を思い出すステージで、皆さまのおかげで今日で丸4年を迎えることができました。私にとって最後の周年を、思い出のあるZepp Fukuokaで迎えられたことが本当にうれしいです。入った当初は(LinQのメンバーも多くて)想像のつかないくらい狭い中、幕の内側に入るんじゃないかというくらいの位置で立っていたけれど、まあ一番端ではあるのですが(笑)、こんなに内側で多くのスペースを使って踊れることが本当にうれしかったです。私は6月2日に卒業しますが、私がいなくてもLinQはこれから全然やっていけると今日のライブで証明できたと思うし、これからのLinQはどんどん上に伸びていくのでこれからのLinQの応援も宜しくお願いします。


坂井朝香
一期生として8年間やってきて、一言では表せないくらいいろんなことがありました。それを毎回メンバー、ファン、スタッフの皆さんと一つ一つ乗り越えてここまでやってこられたと思います。

最初はステップもできないくらいダメな人間だったんですけれど、いろんなことに挑戦させてもらってLinQのみんなからマルチプレイヤーと言われる存在になれたことが本当にうれしいです。そしてLinQに入ったからこんなに素敵なメンバー、スタッフの方、そしてこんなにたくさんの素敵なファンの方に出会えたと思います。

LinQに入って本当に良かったと思うし、(新しく入った)みゆも理央那も全力でついてきてくれて、これからのLinQがとても楽しみだなと心から思います。今まで8年間私はLinQしかやってこなかったし全力でやってきましたが、これからはLinQを応援する立場になって。絶対今のLinQならマリンメッセに行ってくれると思うしその時は絶対駆け付けます。皆さんもこれからもずっとLinQについてきてほしいと思います。LinQのことを好きになってくれてありがとうー!そして私を見つけてくれてありがとうございます。


高木悠未
今日この景色を見て、8年間続けてきてよかったと思いました。今日のライブでLinQの歴史伝わりましたか? 卒業していったメンバーがたくさんいてこうやって今のLinQがいるわけですが、これからもLinQの歴史は続いていきます。後輩もたくさん入ってくれて新しいLinQの歴史を絶対に続かせたいと思うし、LinQはマリンメッセ福岡を目指しているのですが、ゴールではないです。けど、私にとっていい意味でのゴールはマリンメッセだと思っています。本当にたくさんの方に出会えているのですが、もっとたくさんの方に出会ってこの会場がもっと広くなって気づいたらマリンメッセやった、っと思うくらいこれからも大きくしていきたいと思います。


安藤千紗
最初アイドルになるとき、他の誰でもなく自分のためにアイドルを始めました。でも続けていくうちに自分のためだけではなくてファンの方に愛を届けられるようにとか、自分のためだけじゃなくて気づけばメンバーみんなのためだったりとか、自分のためプラスということ(を考えること)ができたので、本当に出会えてよかったなと心から思っています。

私はアイドルを卒業しますが、出会えた一人一人が本当に大好きだし、メンバー8人は一生大事な人だし、今ここに来ているみんなのことが本当に大好きです。9周年、10周年もみなさんと同じ立場で見られたらなと思います。

私を推してくれたみんなは悲しい思いをさせてごめんねと思いますけれど、LinQのこともこれから応援してほしいなと思います。来てくれてありがとうございました。みんなのことが大好きです。


新木さくら
周年ライブの時はいつも過去のDVDを見返すのですが、人数がどんどん減っていっていて。今回も11人から7人、そして9人になって来月から6人になるのですが、人数が減っていくとLinQって終わっちゃう、解散しちゃうのかなとかマイナスなことばかり思われるのですが、ここではっきり言えるのはLinQは明日も明後日も来年も再来年もずっと続いていきます。これだけは私が言います。

私の中の考えですが、こういうときって「私たちについてきてください」みたいなことを言うじゃないですか。でも私はしっくりこないというか。私は「ついてきてください」というよりも、応援してくれているみんなと「一緒に走りたい」と思っていて。不安とか出てくるかもしれないのですが、私たちLinQはファンの皆さんとこれからも一緒に走っていきたいと思いますし、私はセンターとしてLinQを引っ張っていってみんなと走っていきたいと思います。9周年もこれからもずっと宜しくお願いいたします。


吉川千愛
私と悠未と朝香の一期生は8年間やっているのですが、それだけにLinQへの思いが強いと思って。でも年々新メンバーとかいっぱい増えて大所帯の時もあってそのときもさまざまな思いがあったと思いますが、少人数になってもZepp Fukuokaに立てるとは思わなくて。新メンバーのLinQへの愛があるということを日々実感して、そういうメンバーが増えていくということが一期生としてうれしいと思うことが日々あります。

今日のタイトルの「継続は力なり」という言葉…。私たちは8年間続けてきて、ただ続けるだけじゃだめだということもわかってますし、その中でファンの皆さんとの出会いと愛が重なってこの九州で、福岡で続けていることを私はとても誇りに思います。

まだまだLinQとして大きなことを成し遂げているとは思ってなくて、簡単にマリンメッセに行けるとかそんな甘い考えはみんな思っていないし、まだまだ継続して力に変えていって、もっともっと前に進まなければと思っています。

今までメンバーが離れていったりという困難なども乗り越えて今のLinQがあって、これからLinQが何人になっても、どんな形になってもLinQはLinQであり続けます。メンバー、ファンの方、スタッフ、運営の皆さんも全員チームLinQですので、これからも一緒についてきてほしいし一緒に走っていきたいと思います。


LinQ8th Anniversary
「SATSUKI EvoLinQ~Continuation is power~」@ZeppFukuoka

セットリスト
00. LinQTheme
01.ゴーイングマイウェイ
02. for you
03.  HANABI!!
04.  フクオカ好いとぉ
<MC>
05.  絶対Alright!
【VTR】
06.  進め少年少女(Extended Mix)
07. ウェッサイ!!ガッサイ!!(SHiNTA PLANET REMIX)
08. Wake up(SHiNTA DISCO PLANET REMIX)
09. Bye-bye telephone baby love
10. ハピ☆デリ
11. スキヤーキが好きすぎる
12. CHOKI CHOKI
13. No Lady,No Life
14. マケナイガールズ(1h)
15. さくら果実(1h)
16. Sakura物語(1h)
17. キミがいたから(1h)
18. CHIKU-TAKU(1h)
【VTR】
19. 虹
20. LOVE BOMB
21. 冒険
22. もっともっといつかきっと
23. BATON(SHiNTApianover)
<MC>
24. 未来日記
【アンコール】
25. ONE FOR ALL FOR ONE
26. Supreme〜addition of subtraction〜
27. I am …
【Wアンコール】
28. ハレハレ☆パレード